上京したい看護師の求人ならコチラ!

上京したい看護師の求人ならコチラ!

上京したい看護師さんは、たくさんいると思います。上京したい看護師の方に、おすすめしたい求人について、ご紹介する前に、東京などの都心部などへ上京する看護師の背景、現状などからご紹介していきたいと思います。

東京などの都心部などへ上京する看護師の背景、現状

東京などの都心部へ上京する看護師の背景としては、東京への憧れであったり、看護学校を卒業してすぐに東京へ出てきたり、地方で数年働いてから上京、転職する、夫の転勤に伴い上京という看護師は非常に多いです。そして、看護師の上京看護師が多いのは、東京都であると言われています。それは、一言で言うと、その求人数と給料の2点からであり、その詳細については、以下に詳しく紹介します。また、上京する看護師に人気のエリアですが、新宿・渋谷・池袋・吉祥寺や、実家に帰りやすい東京駅近郊、神奈川県の横浜となっています。これらのエリアで働く場合、家賃は高めなので、電車で通いやすい範囲で駅から少し離れた場所に住むか、寮付きの病院に入職するのが一般的となっています。

看護師が都心部などへ上京する理由、メリット

では、次に、看護師が都心部などへ上京する理由、メリットについてです。それは、最新の技術が学べたり、スキルアップが図れる、求人が多い、給料が高いという主に3点になると思います。

  • 最新の技術が学べたり、スキルアップが図れる
  • 看護師が東京に上京する理由ですが、まずは、都心部には大規模な医療施設があり、最新の技術と高い実績を誇る病院や、著名な医師が在籍する病院が集中しているため、スキル、経験を身に着けたい看護師さんにとっては、理想的な環境ということが挙げられます。また、看護協会をはじめ、外部機関が開催するセミナーなど勉強する機会にも恵まれています。

  • 求人が多い
  • 次に、地方には少ない保育園看護師の求人や企業看護師の求人、美容外科クリニックなどの求人が豊富なこともあります。

  • 給料が高い
  • 東京23区や横浜には、給与額の高い病院が多く、中には5年目で月給35万円以上のところもあります。夜勤手当や残業代などが加算されますので、高給与の病院を選べば、現職よりも大幅なアップを図ることができます。看護協会が都道府県ごとに集計したデータでは、平均給与額が最も高い千葉県と、最も低い山口県の間には、基本給だけで4万円近い差が開いています。

しかし、一方では、東京などの都心部などへ上京する看護師には、デメリットもあります。

看護師が都心部などへ上京するデメリット

家賃が高い

都会でのマンション、アパートなどの住居選びは、立地条件のいい人気のエリアでは、家賃が高い傾向にあり、地方での家賃と比べるとどうしても高くなります。また、マンション、アパートなどの賃貸契約を結ぶ場合、礼金、敷金などで、給料の大半が家賃で消えることにもなりかねません。慣れない土地で働き始める看護師にとっては、経済的な不安も加わることになります。もしも、大きな病院ならば、福利厚生の一環として看護師寮が完備されている場合が多いので、そういった寮を利用するということを考えたほうがいいかもしれません。もしくは、最初は、看護師寮に入って、病院やその土地に慣れて、いろいろなことがわかってきたら、普通のマンション、アパートに引っ越すというのも1つの手です。

引っ越し代がかかる

引越費用の一部または全額を負担してくれる職場もありますが、その場合、半年から1年という一定の在籍期間は、辞めるに辞められず、もしも辞める場合には、その費用を賠償するようなところもあるようです。

交通費がかかる

さらに、希望の病院等の医療機関を探す場合、情報を集めた後に、実際に下見に行ったり、面接に行ったりするのは、遠ければ遠いほど、その交通費がかかってきます。

では、ここから、都心部などへ上京、転職する具体的な方法について説明します。

都心部などへ上京、転職する具体的な方法

情報を収集する

インターネットなどを駆使して、入職希望の3~6ヶ月前に、自分の希望に合う病院等の医療機関についての情報を収集し始めます。しかし、都心部の病院数は膨大なので、働きながら、収集するのも大変な作業になります。ただし、インターネットでは、なかなか生の内部情報を得ることが難しいです。もしも、知り合いが都心部いいる場合には、その人から、生の情報を聞いてみるといいでしょう。

見学に行く、応募する

入職希望の2~4ヶ月前には、実際のイメージを掴むためにも、見学をしにいきましょう。そして、自分の希望のイメージに合った病院等の医療機関が見つかったら、応募をしてみます。この場合、就職活動時と違って、転職活動では、一度に複数の病院に応募することが可能です。このとき、できれば面接の際に、寮に入ることも考え、寮の見学も済ませておくとよいでしょう。

面接に行く

面接日程が決まったら、ホテルや交通手段の手配を済ませ、面接へ行きます。上手くできれば、1泊2日の中で3~4施設の面接をこなすことも可能です。なお、都心部は地方とは交通事情が異なることもあり、一人で面接に行くのは不安ですので、持ち物や時間はもちろん、病院までのアクセスや乗り換えルートも事前に念入りに調べておきましょう。

合否通知

およそ1~2週間で合否が出ます。複数応募の場合は、合格した病院を比較できるように、前もって同じタイミングで結果が出るよう調整をしておきます。

家、部屋探しと病院側との各種やりとり

入職日のおよそ1~1.5ヶ月前くらいには引っ越し先が確定しているのが一般的ですので、家が決まったら、引越し業者へ連絡をsます。入職日までに新居・街に慣れ、生活基盤を作っておくために、引越をする時期は、入職の1~2週間前という人が多いです。その他に、部屋探しと並行して進めなければならないのが、ユニホームの試着や入職書類の手渡しなど、病院側との各種やりとりです。上京しなければならない日が発生することもあるので、不動産業者に行く日取りと重なるよう調整すると、交通費がかさまずに済みます。

看護師求人、転職サイト・サービスを利用する

以上が看護師が都心部などへ上京、転職する具体的な方法にあんりますが、この際に、看護師求人、転職サイト・サービスを利用するようにすると、上京、転職に伴う大幅な作業、手間の軽減と効率的、効果的な転職活動をすることができ、その結果自分の希望どおりの上京、転職を実現することができます。

特に、10以上もある看護師求人、転職サイト・サービスの中でも、看護師の上京、転職に強く、おすすめのところは、「看護roo」と「ナースフル」です。

看護roo

上京する看護師さんに一番のおすすめです。それは、看護rooでは、「土地勘がなくても、自分に合う病院、街がすぐわかる」、「理想的なスケジュールで都心に足を運ぶ回数が減る」といった「看護rooの上京転職サポート」というのを無料で行ってくれるからです。

看護rooの上京転職サポート

さらに、各病院の支給給与額や残業・休日の実態、人間関係、師長の人柄、看護観など…詳しい情報がわかる上、面倒な病院との日程調整や連絡・やりとりが全て不要。面接日の調整から内定辞退の連絡まで全て看護roo!が代行してくれます。そして、面接には看護roo!のスタッフが同行。慣れない都心の道案内はもちろん、病院の傾向に基づく事前の面接対策や、面接中のフォローなど…合格率アップのためのサポートも受けられます。その上、入職後も新生活に慣れるまで、各種フォローを受けることも可能です。

看護rooのメリット

↓その看護rooはコチラ!↓

ナースフル

そして、看護rooの次におすすめなのが、ナースフルです。ナースフルでは、上京看護師の求人を多数そろえています。しかも上京をお考えの方には面接時の旅費を負担可能な場合も多いです!何度も遠距離の移動をしなくてよいように効率的な面接の設定もしてくれます。(サービス対象エリアは関東・関西・東海・九州となっています)

↓そのナースフルはコチラ!↓

上京した看護師さんの体験談

最後に、参考までに、多くの上京した看護師さんの体験談をご紹介します。まずは、多くの上京した看護師さんが上京した後に後悔したことです。

上京した看護師さんが上京した後に後悔したこと

  • 寮付きもしくは借上マンションのある病院を選べばよかった
  • 住むところの治安をもっと考慮すればよかった
  • 転職活動に必要な費用を負担してくれる病院を選べばよかった
  • 都会ではなく少し都心から離れた病院にすればよかっった
  • 給料の金額だけでなく福利厚生も考慮すればよかった

そして、次に、もう一度、上京する看護師として転職するとしたら、これをするという点についてです。

もう一度、上京する看護師として転職するとしたら、これをする

これは、もう一度、上京する看護師として転職するとしたら、求人サイトのコンサルタントを利用するという意見が多かったです。その理由は、以下のとおりです。

  • 総じて、楽に転職できる
  • 求人を探す手間が省ける
  • 面接日の調整をしてくれる
  • 住むところもアドバイスしてくれる
  • 病院の中の人間関係などの内部事情を教えてくれる
  • 転職の手間が3分の1程度で住む

また、場合によっては、自分で仕事を探して東京へ上京する場合とコンサルタントを利用する場合では、40万円ほどの費用の差が出ることもあります。それは、自分で仕事を探して東京へ上京する場合には、面接回数が2回、住むところを探すのに1回とすると3日分の往復の交通費、宿泊費がかかり、その他に、住むところの敷金、礼金、各1ヶ月分と引っ越し費用約10万円、そして、TV、冷蔵庫、洗濯機などの家電費用と、これだけでも、最低50万円は必要となります。でも、コンサルタントを利用すると、面接等にかかる費用を負担してくれる病院を紹介してもらえば交通費、宿泊費は無料となり、寮付き、借り上げマンションがある病院を選べば、初期費用は引越費用の100,000円のみに加え、病院によっては支度金がありますし、家電付きのマンションなら費用負担なしとなります。それに、病院の借り上げマンションならセキュリティーがしっかりしています。では、こちらがそのコンサルタント利用する場合の流れです。

コンサルタント利用の流れ

1. 求人サイトに登録をする
2. 電話で面談をする
3. 求人先をいくつか紹介される
4. 紹介された求人に希望のところがあれば伝える
5. 履歴書と経歴書の送付(コンサルが添削)
6. コンサルタントが面接日を調整する
7. 面接日までにコンサルが面接のポイントを教えてくれる
8. 面接に合格したらコンサルが条件交渉
9. あなたが納得できる条件なら入職決定

ちなみに私が今までに住んできた経験から、東京でおすすめする家賃の安い街は、三軒茶屋と学芸大学です。

  • 学芸大学:渋谷から近い、下北沢にも近く、商店街が魅力的
  • 三軒茶屋:渋谷から近い、下北沢にも近く、食べ物のお店、飲み屋が豊富

http://xn--z-my6a070ciwnnwmukndfsdig.com/